観劇感激ダイアリー

アクセスカウンタ

zoom RSS 「定年女子」最終回の丈太郎さん

<<   作成日時 : 2017/08/31 23:34   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 3

麻子の自宅で何故か酒を酌み交わすことになった、丈太郎と元夫と溝口。
麻子との関係を聞かれ、部下だと言った溝口に納得した後、「あッ!?」と気付いた元夫の声に
咳き込む丈太郎…。
麻子と付き合いたいと言う溝口に、喜ぶ元夫、丈太郎は「情熱は買うけど、本人が嫌がってるのに」
と言ったら、麻子は嫌がってる訳ではなさそうで…
電話には出てくださいとお願いして帰る溝口と一緒に、丈太郎も帰っていく。

溝口と丈太郎は、その後一緒にバーへ。「みっともないですよね」と言う溝口に、「そもそも
みっともないものじゃないの、男って」と丈太郎。
丈太郎も麻子のことが好きなのですよね?と言われて、「僕!?」とはぐらかすような返事をし
「仕事しなさいよ。男は仕事」と言う丈太郎に「でもお仕事辞められたんですよね」と溝口。

何故仕事を辞めたのかと聞かれ、妻が死んで気が抜けたと言うのもあるけれど、自分は人間は
歳を取るってのがわかってなかったんだなと。人間、歳を取るごとに変わっていく、少しずつ
物が見えてくると、状況に振り回されないで生きてみたいと思ったと、グラス持って踊り出すの
かと思っちゃったわ。
自分との勝負…なんて言いながら、まだ何も見つけてないけれどと、少し自嘲気味な丈太郎。

登美子は介護保険を受けることになり、その認定で面談をすることに。
ここで、「深山登美子さん」と言われてて、なんで深山さん?もしかしてここで「私は深山では
ありません!」と登美子が言うのかと思っちゃった。でも深山は登美子の姓。
と言うことは、麻子は20年近く前に離婚してるのに、夫の姓のままなの?
前回、実の母が倒れたと弟から連絡あった時、スマホ画面に「岡崎」って出てたから、麻子の
結婚前の姓は岡崎ってことですよね?夫の浮気で離婚したのに、夫の姓のままって変だと思う。

要介護1の認定の登美子、デイサービスは気に入らないと、デイケアに切り替え、自分の足で
ちゃんと歩けるようになりたいと、プール通い。丈太郎がお付き合い。

ハローワークで働く麻子のところに先輩の林田も職探しで来ていると、4週毎の認定を受けに
来た丈太郎も現れ、こそこそと登美子の送迎のことを話していると、「何の話?」と林田。
「彼って素敵よね〜」と言う林田は、「わかった!頑張るわ!」就活もいいけど、婚活もね!と
いそいそと窓口前に行き、座ってる丈太郎と、椅子を半分こ座り。
そんな様子がちょっと気になる感じの麻子。

登美子の生前葬を行うことになり、準備に大忙しの麻子と友人達。
そして生前葬当日を迎え、麻子の友人らを始め、大勢の人たちが集まり、その中には丈太郎の姿も。

生前葬、始まりの献杯の音頭は、故人の“生前最後のお友達”の丈太郎。
「この度は、登美子さんがお亡くなりになり…」と挨拶を始める丈太郎だけど、目の前には車椅子に
座る登美子がいる…と言うことで、「登美子さんとの歓談の機会とし、楽しみましょう」と。
そして献杯ではなく「登美子さんの美しい人生に、乾杯!」。「乾杯」の声が素敵〜

登美子から、ひとりひとりに“遺言”があり、丈太郎には、あなたのお陰で歩けるようになったわと
お礼の言葉。そして本当に死ぬ日までお友達でいてねと言われ「勿論ですよ」と答える丈太郎。
ネクタイも締めてなくて、平服と言うより普段着っぽい丈太郎だけど、ピンクのシャツに合わせた
ポケットチーフがお洒落。

拍手に包まれた生前葬が終わり、溝口が仕事で海外に栄転になると聞いた麻子、溝口にお友達に
なりましょうと言うも、溝口は「男は好きな女性とは友達にはなりません」と。
と言うことは、麻子に「友達にならない?」と言った、丈太郎は麻子には恋愛感情はなかったのか?
ま、出会って間もない時のことだし、丈太郎の奥さんも存命中だったから、この段階で恋愛感情
あったらマズイと思うけど…

麻子の幸せを願ってる(らしい)元夫は、ひとりスマホで何かを撮影している丈太郎を見て、彼は
独身なんだろう?一緒になれば??と元妻に勧め、麻子からど突きを食らう…

生前葬で登美子の言った「メメント・モリ」(死を想え)で、自分達の老後や死も考えるようになった
麻子達、真紀以外は独り者なので、いざとなったら一緒に住む?と言う時子の提案に「いいね」。
で、丈太郎も「いいですね!」と嬉しそうに立ち上がるも、女性達の視線に「あ、お呼びでない…」と
ションボリ。でも時子の男手も必要の言葉に「車も運転できます」と売り込む丈太郎でした。

小鳩屋のぷりんで♪ポッポと鳴ってた音、いつの間にか丈太郎の効果音になっちゃったのね。

老いについて考えてる内に、介護と看取りと子育て支援をする施設を作りたいと言い出した麻子に
「少しずつ、やれることからやってみたらどうですか。手伝いますよ」と丈太郎が言ったので
すっかりその気になってしまった麻子、場所は時子のカフェがいいだのと言い出し。

その1週間後、娘が子供を連れて戻って行ったのを麻子が見送ったところに丈太郎が訪ねてくる。
溝口は今日、オーストラリアに旅立ちましたと言う丈太郎に、よくご存知ですねと麻子。
「友達なので」「誰とでも友達になるんですね」「歳を取ってからの友達は大事です」と。
歳を取ってからの友達が大事と言うのだけは、このドラマ中で一番、共感できることでした。

と、言うことなのでお茶でも行きませんか?と誘う丈太郎、「ロールケーキの美味い店が…」と
言う時、指先をロールしてたのが可愛い。
じゃあ支度してきますと行きかけた麻子、「良かったらうちでお茶しませんか?羊羹があるんで」と
言うと「羊羹!」と嬉しそうな顔になる丈太郎でした。丈太郎は和菓子もいけるのね。

ラスト、それぞれが仕事に励み、50代、定年女子も老いも若きも…、未来はどこまでも拓いてると
エンド。

老い、介護、死…段々と自分もそれが身近に感じられるようになって、ドラマを見ながらいろいろ
考えることもあったけど、現実的なことを話題にしてるのに、非現実的なドラマでもあったな…と。
でも、舞台のなかったこの時期、毎週、山口さんの姿が見れて、丈太郎コレクションが楽しめたので
良かったなと

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
映像で 俳優山口祐一郎さんに会えたのが 本当に本当に嬉しいでした!
ドラマに関わった 皆さま ありがとうございました。そして お疲れ様でした。
芽衣さんも ドラマレポお疲れ様でした!
文章で再確認が出来て 良かったです!
あの…最終話の登美子さんのデイ サービス男性職員 秘密のケンミンショーのドラマに出てる人に 似て見えたのですが……と 祐一郎さんと関係ないシーンで 気になったり(笑) 清水ミチコさんの 森山良子さんの歌マネや そのシーンの森山さんのナレーション?も可笑しかった。携帯で写真撮影してる 丈太郎さん …祐一郎さんの立ち姿 生前葬での 乾杯〜の声 や ニコニコと大きな拍手 プールサイドのシーン 好きでした。
また いつか 映像のお仕事も是非!!
なみき
2017/09/03 17:13
何度もすみません。最終話(再)みて 名前確認したら やっぱり 秘密の〜方でした。このドラマ ちょっとした役に あれ?って気づく方が出ていて その点も面白かったですね。
あ、丈太郎さんの同僚の一人の俳優さん 鹿児島出身だとか!なんか そういうのも嬉しいでした〜
なみき
2017/09/03 17:28
コメント返しが大変遅くなってごめんなさい。
ドラマ放送期間は私も頑張ってたのですが、終わった途端のていたらく振りが酷すぎる…
久し振りのドラマ出演、毎週、お姿が見られる…と言うのは嬉しかったですね。
丈太郎のオチャメなシーンなどもいろいろあって、楽しかった♪
なかなか舞台を観に行くことの出来ない方もいらっしゃるから、映像のお仕事も定期的にあるといいですね。
芽衣
2017/10/05 00:02

コメントする help

ニックネーム
本 文


「定年女子」最終回の丈太郎さん 観劇感激ダイアリー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる