「ドラキュラ」 2011.8.28 東京国際フォーラム ホールC

出演者(敬称略)
  和央ようか 花總まり 安倍なつみ 小西遼生 上山竜司 矢崎広 松原剛志 鈴木綜馬  他

吸血鬼ものには心惹かれるので、冬のお城に行く前にこちらのドラキュラも観てみよう…とチケットを
取りました。いつもの連れと一緒だったのですが、信じられないことに別の友人にもチケット頼んでて、
まさかのダブルブッキング(って言うのか?こんなのも)。もっと早くにわかっていれば誰か誘うことも
出来たのに、現地で待ち合わせしてわかったと言うのだから、呆れてしまいます
結局友人は前方のそちらで観て、私はひとりで3階席。

フォーラムCの3階は帝劇の2階天辺よりは近いかな…と思うけど、高さがあるので1階席とは全然見え方
違うと思います。最初は音も素通るように聴こえたけれど、聴くうちに気にならなくなりました。
セットは回り舞台を使用。中央に半円(半分もなく1/3くらい)の石造りの壁、その外周に階段があって、
これが動いて壁が前にきてると建物の外、奥にあれば室内って感じ。
最初はその動きが面白いと思ったのですが、結局それだけなので、場面変換が単調で、後半少々飽きて
しまいました。しかも場面変換が多くて暗転の時間が結構長い…。その間の繋ぎの曲は良かったけど。
壁や階段を動かすのは人力で、スタッフもフードコート着て出演者のようにしてるけど、動かす度に人が
出て来るのが見えたのも、ちょっと鬱陶しかったです。仕方ないのはわかるけど…

全体の雰囲気は暗く、装置や照明など正統派ゴシックホラーを感じさせて良かったです。
イリュージョンぽい装置もありましたが、最初のシーンでの伯爵テーブル通り抜けも、死んだルーシーの
人体浮遊も3階からだと仕掛けがわかってしまう
それでもテーブル通り抜けはちょっとビックリしました。たっぷりのマントだから出来る技ですね。
衣装は製作発表の写真を見た時は、こちらも正統派でいいと思ったけれど、ドレスデザインがどうも
みんなやぼったく感じて、女性の衣装はあまり私の好みではありませんでした。

ストーリーは
ドラキュラ伯爵に会うため、トランシルヴァニアの城へとやってきたイギリス人青年弁護士ジョナサン・
ハーカー。彼の婚約者ミーナの写真に心惹かれたドラキュラ伯爵は、ジョナサンの首から鮮血を吸い、
若々しい姿へと生まれ変わってイギリスへと旅立つ。
イギリスに辿りついたドラキュラ伯爵は、ミーナの親友であるルーシーを誘惑する。3人の求婚者から
花婿を選び、結婚式を挙げるルーシーだったがまもなく原因不明の病に倒れ、再びドラキュラ伯爵に
噛まれて死んでしまう。そしてヴァン・ヘルシングにより、その病が吸血鬼の仕業であることが判明
するのだった。ついに吸血鬼となってしまったルーシーを葬るヴァン・ヘルシングと友人たち。
そして、ドラキュラ伯爵はついにミーナに接近するのだった。ミーナもまたドラキュラ伯爵に心惹かれる
自分を抑えられず…。ドラキュラ伯爵とミーナの間に生まれた運命の恋と、ドラキュラ伯爵を退治しようと
するヴァン・ヘルシングたちの死闘がついに交錯する!
(公式サイトより)

1幕は話がサクサク進む感じだし、ジョナサンがヴァンパイアダンサーに襲われて、伯爵に血を吸われる
シーンの布の使い方なども面白くて飽きませんでしたが、2幕が少々まったりし過ぎてるように感じました。
クライマックスへと向かう緊張感があまり感じられなかった。
そしてラストシーン、これってドラキュラと人間のラブストーリーだったのか…と驚き(私が鈍い?)、
更にありえない結末に私の思考はフリーズしてしまい、拍手することも出来ず固まっちゃいました。
ドラキュラの設定を根本から覆すこの結末ってありですか?
ありだとしてもそこまで惹かれ合う伯爵とミーナの気持ちがあんまり見えなかったから、唐突な気が
しました。それにヴァン・ヘルシングはどうした?って。
ラストのお2人が元宝塚の方だからか、この結末には宝塚の舞台を観てるような気持ちになりました。
もしくは今、観てたのって「ロミオ&ジュリエット」だっけ…?って。

ドラキュラ伯爵の和央さんは、女性としては長身だけど、スレンダーだし、男性と並ぶとやはり女性の
体型で、大きい伯爵を見慣れている私には、小柄に思えちゃって…。上から見たからかもしれませんが。
最初のシーンでは髪型のせいもあってドラキュラと言うより魔女に見えてしまいました
喋り方も何であんな?と思ったら、最初は歳を取ってるからだったのね。
ジョナサンの血を吸って若返ってからは、元男役の本領発揮って感じでしょうか。
和央さん、声自体はいいと思うのですが、歌い方と言うか発声にある癖が気になりました。それで歌詞が
聞き取り難かったから、ラストシーンに向けて想いを歌ってたかもしれないのに、聴き落としたのかしら?
こちらの伯爵は衣装持ちでした。薄くて身体のラインが透けるマント、いいな。

ミーナ役の花總さん、ミーナとしてはちょっと印象薄かったかも。ジョナサンとはあまり夫婦に見えず、
伯爵との方がお似合い…と思ったのは、この2人がトップコンビだった印象が強いからかなぁ。
2人並んでいるのを見ると人間離れしたスタイルだ…と思いました。顔、小さい。

ジョナサン役の小西くん、1幕はジョナサンがトランシルヴァニアのドラキュラ伯爵の城を訪れたところから
始まるので、歌も台詞も多かったけど、2幕後半はミーナの夫なのに、すっかり影が薄くなっちゃって…。
ちょいヘタレ気味のところはマリウスに通じるものがありました。

ルーシー役の安倍さん、3人から求婚された可愛い娘から、伯爵に血を吸われ変わっていく様はなかなか
良かったです。

ヴァン・ヘルシング役の鈴木さんを観るのは私は久し振りだったので、その歌声、懐かしかったです。
ヴァン・ヘルシングの歌になるとホッとしちゃいました…

カーテンコールで引っ込む時に華麗にマントを翻したドラキュラ伯爵に「わぁ~」と歓声が上がったら
ヴァン・ヘルシングも真似をして翻し、喝采でした。綜馬さんナイス!
カテコのワーキャー(どなたかのお名前を呼ぶ声も多数)に、コンサート会場か?と思ってしまいました。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック