何処でもドアがあったなら

3連休に2回あった山口・トートの出演。なんで2回ともソワレなんだ…。15日は他に予定が
あったから仕方ないと思っていたけれど、今日は行きたいなぁと未練たらしく思ってましたが
帰宅が出来ないんだよなぁと、やっぱり諦め。
本編終わったところで出れば、私鉄の最終にギリギリで乗れるか?って感じでしたが、カテコを
捨てて帰るのでは、行った意味がないですしね

帝劇でやってる時も仕事で行けない時などによく思うことだけど、“何処でもドア”が欲しい!と
切実に思います。

今日は山口・トート500回目の出演日でしたが、特別なことはなかったかな?
ご本人、500回って知らなそうな気がしますしね。

さっき、ちょっとうたた寝をしてしまったら、図々しくも私がシシィ?な夢を見ました。
舞台に出ている感じではなかったけれど、多分、山口さん(?)に向かって、デブレツィンのシーンで
♪あなたを決して許さないわ~ と言いながら、あの時はトートが怖くてしょうがないのよ…と
説明してました。あのシーン、トート目線で観てるから、怖いと思ったことはないけれど、シシィに
すればやはり怖いのか…なんて、半分目覚めた頭で思ってました。

梅田に行くのは諦めて、気を紛らわすために帝劇で「エリザベート」が始まって以来、暇なしで
部屋がいつも以上に汚くなっていたので、片づけをしました。でも、目に見えてすっきりするほど
片付かなかった もっと思い切りよく要らない物を処分しないとなぁ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • よい々

    カテコに特に何もなく…だったバイ。拍手し続け気味だったから、2人カテコは2回あったの。いつもだって熱い拍手あれば、また出るつもりだと、思うけどなあ~(苦笑)。
    2012年09月18日 01:13
  • マルコ

    お待たせしました。では、お掃除でお疲れな芽衣さんに、お裾分けを少々(…長々?)
    梅芸17日ソワレ、500回目の閣下は、ハッと息を飲むほど美貌の閣下で、年月を経っても、なお輝いているって、驚異的!
    今宵の閣下、15日に続いて、しっとりとした大人な雰囲気でしたよ。もちろん、熱気とパワーも満タン!

    3階センターからの、観劇でした。
    角度が急でも、センターは、センター!バンバン勘違い目線きました~!遠いから心おきなく、オペラで見つめ返しちゃう!幸せでした~!

    「私を燃やす愛」ワンフレーズ、ワンフレーズを、丁寧に歌われている感じ。閣下の歌声は、天使の歌?それとも悪魔の歌?超越した存在だわ。とにかくセンターから見ても、しっとりとした艶っぽさがあり、このシーンの閣下だけで、ドキドキ。
    閣下の多彩な魅力が、てんこ盛りな公演になりそうな予感がしました。
    センターから見ると、棺を呼び出して、顔の前に手を下ろしてくる仕草も、“ウワッ!やられた!”ってくらい、魅惑的によく見えて!クラクラ。


    「愛と死の輪舞」円の中心に佇む閣下の背中が生む、静寂がすき!
    見初めた時、本当にシシィの瞳をじっと見つめてて。その瞳から、目が離せない、って感じで。声の響きも多彩で、“追いかけよう~~”の“よう~~”が、本当にうっとりするくらい、耳が溶けちゃいそうに甘くて、素敵な響きが長くて、最後の“ロンド~”も、はあ、ため息が出そうに綺麗で。命を送り出すところは、小首を傾げるのが、キュート。

    「不幸のはじまり」現れた時から、本日も、本当に美しくて、真正面から見とれちゃいました。勘違い目線も来るし、じっとシシィを見つめる閣下の眼差し、今日はクールで有りながら、熱がありました。
    嘲笑う閣下、豪快な悪い笑顔に、またヤラレました。
    2012年09月18日 01:48
  • マルコ

    「最後のダンス」本日の閣下も、また新鮮なチャーミング満載で!もう、とにかく、階段を降りてから、なんかいきなりまた激しくて、“おまえは”とか“オレと”とか、その度に、ハッとして、ドキドキしたし、シシィと踊った後以降の、あの閣下の歌声は、どう表現したらいいのか。高低も声の膨らみも自在、艶やかで豊潤。たまらず3階だけど、オペラをあえて外して、肉眼で、ただただ閣下の歌声の力を体感した!(“おまえは”の度に、勘違い目線来るので、そこだけオペラで見て、射ぬかれてましたが。)なので、細かな表情はレポできません、感じたママを書いてみます。

    聞いたことの無いような、力強い響きも感じたし。ただパワフルってだけじゃなく、唯一無二の閣下でした!いつと比べてとか、もう無いです。いつも、より一層高みに連れて行って下さるような、500回の熟成を味わえて、本当に感動しました。(今日は我慢できず、涙溢れた。)思い出してもウルッとしてしまう。
    ロングトーンも、スーパーパワフルに、圧があったし、かっこよくフィニッシュ!の閣下。歌い終わって裾を翻すまで、少し間があって、オペラ無しだったから、表情は見えなかったけど、素晴らしくかっこいい閣下に、沢山拍手を(本当はあの倍の時間拍手したい!)贈らせてもらえて、幸せでした。

    「闇が広がる」、センターが美味しいシーン。「だぁーー」は、また、素敵な響きでした。最後に目力キラリンが、素敵でした。

    カフェ振り向きは、ちょっと乱れ髪レベル。前髪スダレ状態でしたが。


    「エリザベート泣かないで」お声は、また今日も甘くて。動きもソフトで、うっとりした瀬奈さんシシィの表情から、閣下がどんなに誘惑的か想像。ペン投げ閣下に、やっぱり怯えるシシィ。この芝居の呼吸好きです!
    2012年09月18日 01:54
  • マルコ

    1幕フィナーレ。シシィを、じっと見つめる閣下、ココも、センター美味しいシーン。眼差しが、眩しいものを見ているかのように、ウルッとした感じで。“おまえしか”で、また勘違い目線に、息止まりそうになりながら、閣下の熱い思いに、ふわわんとなりました。ここの歌声の響きも素晴らしかったです。


    2幕、今日も元気で、ご機嫌なご登場!で、なんか足取りも弾んでました!白い歯がキラリンってサワヤカ光線発する、黄泉の帝王って、どうよ?なくらい、楽しそうな閣下。

    馬車では、横目に二人を見て、手をクルクルって回して、お手フリ。

    コートは、スルッと脱ぎ。

    「私が踊るとき」、男らしいそして、大人な雰囲気の余裕なかっこいい閣下!そして、本日も笑顔が!“好きな音楽で”あたりとか、笑顔が。また、最後の「この私が~」で、最強笑顔でした!横顔だったけど!

    ドクトルの場面は、本日も「微熱があぁ~」は、セクシーな甘い響きで!でも、そのあとの“それがいい~エリザベート”が、たまらんかった!!なに、これ!!ココで、今更また、ゾクゾクするなんて!そりゃもう、凄味のある声の響きで!
    閣下はコートを激しくぶん回して、投げたコートは、カウチのシシィの足元近くに半分かかった感じに。
    目力も、ギラついて、猛々しい閣下。本日は、コートを跨いで、シシィに迫る勢いが凄かった!瀬奈さんの逃げ方も必死で、追い詰める閣下も猛ダッシュ!緊迫したシーンになっていました。
    2012年09月18日 02:01
  • マルコ

    古川ルドとの「闇広リプライズ」、今日も良かった!古川ルドの表情が、やっぱりいい。閣下に操られてる様子が、徐々に強くなっていく。閣下のリードに、反応してる感じがいい。後半は、オペラ外して、またこの曲の醍醐味を体感した。“王座に座るんだあ!!”グッと腰も入って、パワフル!
    古川君、そこそんなに出るようになったの?って、ところもあったし。健ちゃんとか、井上君とかと、違う闇広のバージョンだなあと。

    マイヤーリンク、閣下のキスも長めでした。その後のルドルフの表情が、今日は本当に印象的で。キスの後、二人は向き合ってる間があって。閣下の表情は見えなかったのだけど、古川ルド、閣下の目を見つめている風で、両瞼を微かに動かして、目で何か返していたよう。(古川君の何かを閣下が受けとめて、またそれを彼に返した、その答だったのでしょう。閣下の瞳に、ルドルフは何を見たのか?超下手から閣下のこの時の表情が見たかった!)そして、解放されたような微笑みを浮かべて、引き金を引いていた。

    ちびルドの銃に、びっくりお茶目ポーズは、本日も健在、ちょっとおとなしくなってきたかな?。

    本日も2幕「悪夢」は、チラリズム有りで、ご満悦の表情を、真正面から堪能。SEXYで悪の魅力がタダ漏れ!
    「自由うおおぅ~っ!!」激しく吠えてましたよ!今日も。

    シシィお迎えは、穏やかな表情で、悪夢での熱さが嘘のよう。
    ラストのキス、本日は穏やかなキスに見えました。これはこれで、しっとりモードでいいなあ。
    2012年09月18日 02:02
  • マルコ

    カテコは、通常カテコ、最後の笑顔がキラキラしてました。その後に、2人カテコ、2回登場。笑顔が本当に素敵でした!下がる時、瀬奈さんと目を合わせて、お互いに見つめ返して、ニコニコキラキラ笑顔。後向きに下がるところ、ウキウキ風の腕の振り。

    あのニコニコキラキラ笑顔を見ちゃうと、幸せでたまりませんね!

    500回目の閣下は、変に肩に力が入りすぎるでもなく、本当に自由にたゆたわれていました。500回達成おめでとう!の思いを込めて、拍手しました。

    どこでもドアがあったなら、ねえ。
    少しでも、閣下のご様子、お伝え出来てればよいのですが。

    次回からは、後半の始まり!どう変化して行くか楽しみですね!
    このまま、SEXYでパッションなパワフル閣下で、突っ走るのかしら?
    2012年09月18日 02:09
  • 芽衣

    >よい々さん
    あなたは今週も行ってたのね…
    カテコ特に何もなく…でも、最後まで見れなかったら悔しいものなぁ。
    2人カテコが2回以上あるかどうかは、拍手次第ですよね。

    >マルコさん
    掃除疲れ(ってほどやってないけど…途方に暮れてた時間の方が長いから)も吹き飛ぶレポートをありがとうございました
    500回目の閣下も、素敵に魅了して下さったようで、私もその場にいたかった…。
    年月を経っても、なお輝いていると言うか、今期の輝き方は本当に驚異的ですね。
    「私を燃やす愛」登場シーン、天から降って来る閣下の歌声にいきなりハート鷲掴みにされるから、あの歌詞はこれ以上ないくらいぴったりだと、いつも思います。
    仕種もいいけれど、とにかく声が色っぽいですよね。
    「愛と死の輪舞」までは静のイメージな閣下だから「最後のダンス」での爆発的な激しさに、よりヤラレてしまうのですよね。
    そんな「最後のダンス」のレポ読んでるだけでもドキドキし、拍手したくなりました。
    そして2幕でまた違う一面を覗かせる閣下もいいですね。
    ご機嫌な様子と思えば、シシィには激しく感情をぶつけ、ルドルフにはダークな面を隠しつつ近寄って、最後にシシィを手に入れると穏やかな表情を見せるどこか人間臭い閣下が、何だかとても愛しい…。
    カテコでは、駄目押しのニコニコキラキラ笑顔だもの。
    夢遊病(夢祐病)のように劇場に通ってしまうのも仕方ないと思います。
    後半の閣下も楽しみですね。でも段々と終わりが近づいて来ていると思うと淋しい。
    2012年09月18日 09:55
  • reve

    よい々さん、マルコさん、2幕の馬車で、山口さんいつもと違って、指を開いてちょっと曲げた感じで円を2回書くように手を動かしていましたよね?あれは”500”じゃないかと思うのですが。カテコでは特別なことはなかったけど、山口さん、さりげなくみんなの声援に応えてくれた気がします。
    2012年09月19日 19:00
  • マルコ

    そうですよね、カテコでは、きっと私たちの「おめでとう!」って思いが、空気感で伝わっていたかなあって、私も閣下のお辞儀を見ながら感じました。
    2012年09月20日 02:39
  • 芽衣

    >reveさん
    私は観てないから何とも言えませんが、それはさすがに深読みしすぎな気がしなくも…?
    500回だと知って観てるお客さんばかりじゃないですしね。

    >マルコさん
    閣下のお辞儀はいつも丁寧ですが、この日はよりそんな気持ちが出ていたのかもしれませんね。
    2012年09月20日 08:54
  • よい々

    うーん、手の平をサッて払い?それは5か?・・・で、くるくるとしてました。そのくるくるはゼロふたつ?・・・妙笑。確かに深読み感はあるものの、そうだったら、すごい!おもろい!
    (楽屋口近くで、誰かさん500回とか書いたミニプラカード!?らしきものを持ってたらしい・・・し)
    まあ、ひと公演毎に多彩な技を!?繰り出し、計り知れない閣下であります!だもんで、ほんとクラクラだったりトロトロになってまう、私です~♪
    2012年09月20日 14:05
  • 芽衣

    >よい々さん
    ご自身、500回って知っていたのですね!?
    それでいろいろな仕種に紛れて、わかる人だけわかってね…サインしてたのかも?
    真相は閣下だけが知っている……
    ホント、多彩な技を繰り出す閣下だから、毎回、クラクラ、トロトロ、ぽわ~っとなってしまいますね。
    2012年09月21日 08:35

この記事へのトラックバック