マッサージクッション

「極北ラプソディ」で速水先生がご愛用(?)のマッサージクッションはアテックスの“ルルド”だと
思うのですが、実は私も持ってます。こちら
速水先生が使ってたのはコードレスのようだから、新型ので色はラズベリーピンクかしら?

私が買ったのは2年前だったから、コードレスじゃないし、あんな動きもしませんけどね
って、身体があんなに揺れるほどのマッサージは最新型のルルドでもしないと思う…多分。

2年前、使ってる方が良いですよと書いてたのをたまたま立て続けに見たもので、私も買って
みたのですが、私にはあんまり合わなくて、1回使った切りほったらかしでただのインテリア
クッションになってしまってました

速水先生が気持ち良さげに使ってるから、2年振りに使ってみましたが、やっぱりどうも合わない。
私は首から肩の凝りが酷くて、特に今週はもう滅茶苦茶凝ってるから、肩に当てたいのだけど
もみ玉の幅が合わないのか、骨に当たるので痛い
身体をずらして上手く当たるようにしても、落ち着かなくて、その姿勢をキープしようとすると
余計肩が凝ってきちゃってダメだぁ…って

寝て使おうとすると厚みがあるので上手く使えないのかな?速水先生のように椅子に置いて
座って使うのがいいのかも?でも、椅子じゃ肩の辺りには当てられないし…

せっかく買ったのに使わないのももったいないから、気持ち良く上手く使える方法を試しながら、
マッサージ器としての本来の使い方を、もうちょいしてみようと思います。

でも、マッサージってしてる間は気持ち良くても終わればたちまち凝りは戻るし、下手すると
揉み返しがあるからダメなんですよね。すっきり肩凝りが治る方法はないものか…。
運動して血行良くするのが一番なのは知ってるけど、それがなかなか出来ないから


ドラマ後編のことを書いた前の記事で、「ドクタージェット構想は海堂さんの他の本も読んでないと
わからない話じゃないか」と書きましたけど、「極北ラプソディ」の本、第四部はドクタージェットの
話題でしたね。こないだ読み返したばかりなのに、本が手元にないのですっかり忘れてました

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 17

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い

この記事へのコメント

  • みゆ

    マッサージクッション、同じ物持ってらっしゃるって、やっぱりご縁があるんでしょうね。
    TV画面では、山口さん揺れに揺れて気持ち良さそうでした。
    街のマッサージ屋さんも施術者によって揉み返しが有り、行くのをやめたという声も時々聞きます。でも、してもらわないと分からないので難しいです。

    こだわっていたドラマと原作、ようやく別物と思える方向に進めそうです。
    というか、ドラマは山口さんだけを見る事にしました。カッコいい、素敵な山口さん、少しおとぼけの山口さん、色々な姿を見せてもらえて嬉しかった。でも、こうなるとドラマでもいい!旅番組でもいい!何でもいいからもっと山口さんに会いたいと欲が出てきてしまいます。
    もう少しで3月も終わり…心も身体も回復してこられたでしょうか?思いを寄せずにはいられません。
    2013年03月23日 16:53
  • 芽衣

    >みゆさん
    同じ物を持っているので、スイッチの形状とか、ペロンとまくれたカバーとかですぐこれは!とわかりました。ちょっと突っ込み入れるなら、多分、速水先生はマッサージのスイッチ入れてないと思う
    人にマッサージしてもらうのも、なかなかちょうど良い具合にやってもらえることは少ないので、私も何度か行った後、行ってみようという気にならなくなりました。
    我が家にはマッサージチェアもあるのですが、これも最近は誰も使わなくなって、すっかり邪魔もの扱いです。
    原作を参考にしたドラマってことで見れば良いかと私も思います。速水先生のシーンだけ切り取れば原作に近いですしね。
    旅番組もいいですね。お姿は見れないけれど、ナレーションでたっぷりお声を聞かせていたけるのもいいな…などと思ったりも。
    本当に早くまた山口さんにお会いできる日が来て欲しいですね。
    2013年03月24日 00:31

この記事へのトラックバック