梅芸アクシデント

2日に始まった梅芸の「ダンス オブ ヴァンパイア」、あっと言う間に中日が過ぎ、残り3日となって
明日からは3連休、遠征の方も増えてますます盛り上がるのではないかと思います。

私も明日のソワレから観る予定で、出勤になったからお昼過ぎまで仕事して行くつもりにしてたのですが
今日になって、明日の出勤はなくなったので予定を少し早めて出掛けようかなっと。
だからってマチネを観るほどは早くないですが

梅芸では(帝劇ででも?)ヘルベルトの牙はよく抜けちゃうそうですが、よくあることなら対処も出来てるし
牙が抜けても観客はあまり気づかないかもしれないから、これは小さなアクシデント。
ま、ヘルベルトには大きなアクシデントかもしれませんが

先日は教授の超音波で落ちるはずの鳥が前のシーンで落ちてしまい、そのシーンはスタッフが鳥を投げて
レベッカが拾いに走って凌いだそうで、これは多分、今までになかったことで、初見の人でも何か変?と
思うかもしれないアクシデント。

そして本日はフィナーレラストのシーンで、後ろに登場するはずの伯爵がその場にいらっしゃらなくて
下手から登場したそうです。伯爵は初めからこんな演出でしたって風だったそうですが…
なので、初見の方だとアクシデントとは思われなかったかも?

梅田での舞台をまだ観てないので、話を聞いただけではよくわからなかったのですが、帝劇では後ろの
黒い幕が開いて、伯爵がセリ上がって来てたから、セリ上がりがなかったのかな?と思ったら、梅芸では
セリ上がりはなくて、幕が開くと伯爵が台の上でずっと立ってると言う演出だそうですね。
で、本日は最初から幕が開いてたので、そこに伯爵がいらっしゃらなかったみたい。
これって、黒い幕が閉まらなくなってしまったからってことでしょうか?

梅芸は装置トラブルが多いですよね。「エリザベート」前楽の「悪夢」でマエストロの閣下が登場する
扉が開かなかったと言うのは、記憶に新しい方も多いのではないかと。
それは私は観てませんが、「マリー・アントワネット」で、王妃の部屋のシーンが終わり、鏡が上昇中に
破損して破片が落ちて来たり、「レ・ミゼラブル」で、下水道シーンの背景の壁が正常に下りずに斜めに
なったりしたのに遭遇したことがあるから、またか…と思っちゃいました。

後3日、事故なく怪我なく、無事に千秋楽を迎えられますように。でも笑えるハプニングならちょっと歓迎。

-----追記

そんなアクシデントが…と驚いてたのですが、マルコさんがコメントくださって、席からの
見え方のせいでの勘違いだったかも…とのことです。
アクシデントではなかったようとのことで、ホッとしました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

  • マルコ

    ごめーん!アクシデントでないかも!私にとっては、アクシデントでしたが。

    8日マチネです!今回1階下手側のわりといい席、壁近いけどでした。
    昨日驚いてすぐにメールしちゃったんですが…。勘違いかも~。

    昨日のラストだけど、もしかしたら、端席だったので、奥の見切れかしら?とも。黒幕の関係かも。何せ、上手舞台袖奥が見えるほどの、斜め目線だから、見切れがあったから、ああ見えたのかな?とも。
    自分、疲れピークで変なテンションですから。あてになりませんね。
    一晩考えました。

    まあ、サイドブロック壁近い前の席の人は、いきなり伯爵が見える感じになるのかも?席位置トリックなような、気もしてきた私です。赤いコウモリも、黒幕少し開いただけで、上手側が、すべて見えちゃったのかも。それで全体見えたと勘違いしちゃったかも。梅芸、舞台が近い分、端席のかなり前方席、見えなくてもいいものまで、見えますから。雪降らせる係の人、見えてましたから。
    それにしても、私の視界に、いきなり出てくる伯爵様に、つい、楽しくて笑っちゃいました。え、ココっ?てタイミングでしか見えなかったですから。

    端席、帝劇とかなり見え方違うと思います。かなり前方席持ってる方、結構首痛いですから、ご注意を。端席は、ひねりもあるから、より痛いですよ。
    2016年01月09日 07:03
  • マルコ

    そんな、お疲れピークな私ですが、昨日8日の思いだしを。

    伯爵は、中日を過ぎても好調のご様子~。麗しくご機嫌です。「存在」は、ちょっと間があったから、慎重に歌った感じだったのかしら。間違っちゃいけないと思うと間違うよね~、伯爵も人間だわ~。って、つい思ってしまいました。
    名刺はまた、イラっとしながらとってました!

    前方席は、集中しすぎて脳内キャパ越えるからか、途中で意識失いそうになりながら、「愛のデュエット」や「抑えがたい欲望」の「牧師の娘に~」での超絶麗しい笑顔、を頂戴して感激!

    カテコのとき、伯爵が、下手にいるクコールとヘルヘルを、素敵な笑顔で見つめるので、もう、下手席ブラボー!きゃー、伯爵と舞踏会の気分~、レクチャータイム!パ~ラダ~イス。本番になると、正面ほぼ向いちゃうけど。

    パラダイスといえば、ヘルヘルのパラダイスは、昨日ソワレは、「楽しいね」。今日は「うれしいね」って、可愛い。

    平方くん、今日は、教授が、「ちゃちゃちゃと答えなさい」というから、平方くん「ちゃちゃちゃ」言うてた!がんばれ平方くん!
    平方くんといえば、汗!、凄かった飛沫が!伯爵が、汗を拭って、ピッとやったら、ピッピッ!ピッとスッゴク飛んでたよ~。

    2016年01月09日 07:05
  • マルコ

    シャガール、霊廟でのひとこと、「お腹にぶるぶるするの巻いてる。鍛えてるんだね、だから、あんなにロングブレス」とか言ってたなあ。
    シャガールの2幕の芝居も面白いんだよね。今日見ながら思い出したんだけど、マグダが歌ってる間、リズムとって軽くダンスしてるよね。7日ソワレは、きちんと足揃えて伸ばして座ってて、曲に合わせてからだ揺らして、幼稚園児のようで、マグダが好きなんだなあって、可愛かったんだよなあ。シャガール。

    クコール劇場、おかみさん登場。「おとうさん探してるんです、知りませんか?会いたいんです。」
    クコール「元気にやってますよ、女の尻ばかり追いかけてますよ」
    レベッカ「どうせ噛まれるなら、おとうさんがいいなって。早く会いたいから行くわ」 と捌けて。
    クコール「ちょっと前まで、俺らと宿屋の夫婦だったのになあ…フランスで」
    ほんのちょっとティナルデイエ歌ってました。
    2016年01月09日 07:07
  • 芽衣

    >マルコさん
    前方端の方からって、センターと見え方全然違ったりするし、見切れたり、逆に見えちゃいけないもの見えたりしますからね。いるはずの伯爵のお姿見えなかったら、何かあったかとドキドキしてびっくりしたのかも…ですね。でも、その思いはよくわかります。
    記事の方にもちょっと追記しときました。

    連チャン観劇でお疲れなのに、レポをありがとうございます。これでますますお疲れになってるんじゃないかと心配ですが
    飛ぶ汗が見えるほどの前方席の興奮と幸せ感、お裾分けしていただいて私も幸せ♪
    麗しくご機嫌な伯爵を近い距離で見れていいなぁ。カテコの素敵な笑顔、私もそんな角度で見たいです~。実は今日はかなり前方席なんです♪角度はどうだろ?
    クコール劇場には、おかみさん登場だったのね。この後、誰か登場するか、期待しちゃいます。伯爵の登場もあるといいですよね。
    2016年01月09日 14:50
  • マルコ

    大変失礼しました!本日9日マチネで、ほぼ同じくらいの席番、上の階から見ましたらば、やはり、きっと黒幕が邪魔で、見切れてるな、って感じでしたわ。
    かえってお手間おかけしましたね。
    2016年01月09日 17:51
  • マルコ

    本日の伯爵さまも、超絶麗しく、昨日は見られなかった舞踏会のニコニコぶりやら、を見られて、私の疲れも癒されました。
    そうそう、良知くんアルフの髪を三度ほど撫で付けて、お鼻チョン!

    2幕で「彼はもう私のもの」と、高らかに自信たっぷり歌い上げるのも、わかるわ。チョンにやられると思うなあ。
    良知くんの名前を呼ばれた時の、パッと引き寄せられたように体が跳ねるのが、何度か見ても絶妙なタイミングで。歌声に磁場が発生してるかのようですよね。
    伯爵は名刺を受けとる時、今日も「あぁっーっ!」とイラついて取ってました。

    「抑えがたい欲望」が、 今日も素晴らしかった。
    「頬に触れた」「髪に口づけた」と、手の表情も豊かに、マイムも大きく優しげで、もちろん顔の声の表情も甘く優しく、うっとりしてしまいます。きらめく空も見えるよう。そして悲劇が起きた…伯爵様の手の中で。
    あの熱い歌声に触れると、どうしょうもない空しさを突きつけられて、息が出来ない。

    最初の娘の事は、ずーっと切なく、愛しく思ってるのかなあと思ったり。今日見ながら、細やかな表現がまた一段と増えたような気がして、そんな伯爵様がますます好きだなあと。ほんと、一人芝居のようです。…隣で、森山さんがまた違うアプローチで、伯爵を演じているので、一人芝居ではないのですが。
    カテコ、今日も楽しそうな、幸せそうな笑顔で歌って踊ってましたよ。「あーあーあーあーあー」 のところもダイナミックに腕をブンブンしながら、歌ってましたよ。唇に雪が沢山付いたみたいで、 摘まみにくそうに取ってるのが、何度か。
    マチネも熱かったので、ソワレも熱々なのではと予想。素敵な観劇初めになりますように!。
    2016年01月09日 17:51
  • レモン

    こんにちは
    私もあるところで読みましたよ。8日伯爵様の最後、下手から横にスライドしてきてびっくりしたと。梅芸ではそうなったのか?帝劇と変わったのか?と書いてありましたよ。時間がなかったとかでは?
    2016年01月10日 08:30
  • 芽衣

    >マルコさん
    梅田公演、終わってからのマヌケなお返事でごめんなさい。
    9日ソワレをマルコさんとは反対側ですが、前方端の方から観て、黒い幕が開いたら、見切ることなく伯爵のお姿見えましたので、いないと思って探したくらいだから、やはり8日は何かトラブって伯爵スタンバイが遅れて途中からの伯爵登場だったのでは…と思いました。
    8日ご覧になって、同じように見えてた方もいらっしゃるみたいだから、勘違いではなく、マルコさんの見た通りが実際のとこだったようですね。

    9日マチネのレポありがとうございます。
    私の観劇始めのソワレの伯爵、昨年の帝劇と変わらず…と言うか更に麗しく素敵でしたが、マチネも良かったようですね。
    細やかな表現でますます深みをました「抑えがたい欲望」、テンション高く弾ける舞踏会…素晴らしい!
    ソワレの平方・アルフレートの時は汗を拭って弾いてましたが、良知・アルフレートには鼻チョンの梅芸だったのかしら?マチネから?
    梅芸はカテコでの舞台の雪の降り方が激しい感じ。ソワレでも唇に雪がついちゃったような?
    2016年01月12日 09:09
  • 芽衣

    >レモンさん
    8日の伯爵様の最後の登場の時のこと、ありがとうございます。お礼コメントが遅くなってごめんなさい。
    自分が観てないからよくわからなかったのですが、マルコさんと同じように思った方が他にもいらっしゃるなら、やはりこの日の登場タイミングがずれてしまったってことのようですね。
    演出が変わったのか?と思ったくらいなら、きっと遅れたのもわずかだったのでしょうね。
    2016年01月12日 09:13

この記事へのトラックバック