「笑う男」 2019.4.29 マチネ 日生劇場

1ヶ月公演だけど、正味では20日ほどしかなかったから、あっと言う間に千秋楽。今回は平日に
観ることが出来なかったから、初日以降は毎週日曜にしか観れなくて、疑問に思ったことも1週間
お預けだったし、ちょっとした変化があっても、久し振りだからわかるようで、でも本当に違って
いるのかどうか、わからなかったりでした。前楽、楽と観て突っ込みどころは相変わらず満載で
もやもや感は残るけど、キャストがみなさんその役として生き生きしてると思って、ウルシュスと
デアにはちょっとホロリとしてしまいました。

前回レポで冒頭シーンで“ハーカーが捕まって”と書きましたが、コンクエスト「捕まったら…」
で、「ワペンテイクは我々を探している」でした。ワペンテイク、ハーカーを捕らえるまで結局
15年もハーカー捕まえられなかったのでは、秘密警察も恐れるほどじゃない!?

ハーカーのボトル、フェドロがジョシアナに浜辺に流れ着いた瓶の開封官になりたいと言った
すぐ後に見つけ、グウィンプレンのことを書いてある文書を読んで、自分もジョシアナと一緒に
一座を見に行って確認するのだろうけど、その辺、舞台は端折っているからデヴィッドに連れて
行かれてお忍びっぽかったのに、いつの間にフェドロを従えての来賓客?謎になるのよね。

ジョシアナの言う“フェドロの裏切り”は、グウィンプレンを自分が見つけ出したと恩を売ろうと
したことかな…とは思う。でも、グウィンプレンがクランチャリー卿ならジョシアナと結婚する
ことになるんだから、あえてグウィンプレン側につくことはないと思うし…。
グウィンプレンを丸め込んで財を手にしようとしてたからか?実際、グウィンプレンが父さんに
渡すと言った金貨をくすねた訳だし。
でも、そのいきさつをジョシアナが知ってるのはおかしいと思いますけどね。
デヴィッドの過去の犯罪はデヴィッドの独り言を聞いてたから知ってる…のだけど、ジョシアナは
クランチャリー卿の屋敷には出入り自由なのかしら?お寝間姿で待ってるくらいだし。我が家同然?

初日から気になっていたことのひとつ、フェドロがウルシュスに渡すあの金貨、もうちょっと
金貨らしい音がするようにしてくれないかな。床に落ちた時の音が軽い。座長が勘定してる硬貨は
それらしい音がしてるのに。

貴族院シーンの会釈のやりとりが段々と笑えることになってました。グウィンプレン流の首を
傾ける仕草に、フェドロ前楽は「はいはい、良くできました…」。本日は「結構です」呆れた
ように言うフェドロ。
身分が同じくらいの貴族へのグウィンプレンの挨拶も毎回、微妙に違っていたと思います。
両手を振ってた日もあったような??

赤い衣装着て白い鬘のグウィンプレン、口の傷を隠すため顔した半分を白い布で覆って、目元だけ
見えてるけど、前髪をそのままで鬘を被ってるので、遠目で見ると目を隠す前髪がサングラスの
ように見えて、怪しい人過ぎる…って思えてしょうがありませんでした

このお話、一座の興行をジョシアナが観に来て、その夜にグウィンプレンはジョシアナに呼ばれ
戻って来てワペンテイク捕らえられ、フェドロによって本当の身分がわかる。
で、ウルシュス達は墓場に運ばれるのをグウィンプレンだと思うけど、グウィンプレンは綺麗な
ベッドでお休み中。
翌日、我が家となったクランチャリー卿の館でジョシアナに迫られた後、女王に2人は速やかに
結婚するよう命令される。
ウルシュスは一座を畳むことを決めるものの、デアにグウィンプレンがいなくなったと言えず
誤魔化す芝居をするも、デアはグウィンプレンがいない辛さで気を失うように眠る。
クランチャリー卿として世界を変える!と志すグウィンプレン、しかし貴族院で女王や貴族の
心を変えることは無理だと悟り、貴族の身分を捨て、元の世界へと戻って行く…。
と、2日間の出来事なんですよね。

2幕頭でグウィンプレンはやっと幸せを掴んだと歌い、貧しい者たちも幸せになれるよう世界を
変えると大きなことを言うのに、笑い者になってあっさり諦めて、そんなこと思いもしなかった
かのようにデアの元に戻り、ずっと一緒にいるよ…とデアへの愛を全うしたかのように思わせる
けど、ここまでグウィンプレンのデアに対する気持ちがそこまで強くはないように感じるのと、
何かコロコロと気持ちが変わるようなのがもやもやの一番の原因なんだよなぁ…と、ここは初日
から変わらずでした。
後、同じだけの年月を過ごしてきたウルシュスの気持ちは考えないのね…ってのも。

グウィンプレン、最後にデアのところに戻って来た時「僕の愛しいデア」と言ってるのと、死んだ
デアを抱えての歌で、大事に思ってはいたのねとは感じる。ただ恋愛感情とはあまり思えない…。
大事な妹って存在って感じ?

デアはラスト、ウルシュスの膝で目を覚ましてからが泣ける。グウィンプレンがいなくなったのを
悟って、多分、自分ももう長く生きられないのを悟って、グウィンプレンをずっと愛してたと言う
のが切ない。デアはずっとグウィンプレンだけを思ってるから健気さが切なくなります。

グウィンプレンの腕の中でデアが逝ってしまう時、最初の音がエリザベートの「愛と死の輪舞」
シーンのトート閣下登場の音と似てるので、閣下が迎えに来たのね…なんて、思ってしまう
なんてつい邪念も入りつつですけれど。隣に長く閣下だった方がいるし。

前楽と千秋楽のウルシュス。前楽は後方センター、千秋楽は前方センター寄りの下手側の席。
グリーンボックスから外を覗くウルシュス、窓はドアの横にあるのかとおもっていたけど、ドアに
ついてたのね…と千秋楽でやっと気付きました。

お鍋で何か料理をしているウルシュスだけど、グウィンプレンに食べろと渡す小鍋は何日か前の
ポテトなのかな?臭いを嗅いで渡す。パンも数日前のではないかと思われるけど軟らかいパン…。
グウィンプレンとデア、この後はもう15年後なので、グウィンプレンの口のこと、デアの心臓と
目のことも説明しなくちゃいけないから大変。
歌いながらグウィンプレンの羽織っていた物を脱がし、自分のショールを巻きつけるのウルシュス
何で?と思っていたら、グウィンプレンが入って来た時に「びしょ濡れじゃないか」と言ってると
楽になってようやく気付きました。食べ物より、まずそっちだろう。

力強いウルシュスの歌声に、この2日はゾクゾクと鳥肌が立ちました。でもグウィンプレンが
もたれ掛かって眠ってしまうと「寝てる?」と聞いて、声をひそめて歌うのが優しい。

一座シーン。踊り熊のバク宙が高いわ、姿勢が綺麗だわで、毎回凄い!と思ってしまいます。
一座紹介の後、座長登場。センターだとスタンバイする姿は見えないな…と思ってたので、楽は
前方下手寄りで、スタンバイする座長が見えて、ちょっとラッキーでした。

ハーカーも“笑う男”が気になって、見物に来てたのかな?それで15年越しでワペンテイクに
捕まってしまうのだから、マヌケだわ。
ここから♪最高のショーーーー ウルシュスのロングトーン、気持ちイイです。

グウィンプレンとデアの話を見ているウルシュス、キャッチした赤ちゃんデアに時々目をやって
優しい笑顔で成長した2人も見守っています。
途中で赤ちゃんデアを置きに行き、その後、もう1回引っ込むのは何でだろう?

ジョシアナに恭しくご挨拶をするウルシュス、出し物の後、ジョシアナに向かって失礼な口を利く
グウィンプレンに上着を脱いで投げつけ、ペコペコしながらグウィンプレンを追って行く。

グウィンプレンを怒りながら追いかけて来たウルシュス、本日の収入の確認と配給。でもお金を
貰ってる人は少ないような…。楽はウルシュスが座ってる辺り、前の人の頭で見え難くてナンて
こったい!でした。日生は1階席の傾斜がゆるいから…。
そこから下手へふらふらと踊るような足取りで上手へ、♪夢の場所~~~~~ のロングトーンで
“ふぅ…”て感じになって座るウルシュス。でも両手に花で楽しそう。

グウィンプレンとの「幸せになる権利」。歌は聴き応えあって良いのだけれど、ウルシュスは
息子に敢えて厳しいことを言って、現実を見詰めろと言っているとは思っても、幸せになる権利は
ないと言うのはどうかと思う。その人が幸せをどう捉えるかで変わってくるものだしね。
歌の前「その口はお前が生まれ持ったものじゃない。生まれながら幸せになる権利を持つのは
貴族だけだ」って台詞には、グウィンプレンじゃないけど反発してしまう。

ワペンテイクに連れて行かれたグウィンプレンを心配して様子を見に来て、墓場に運ばれる死体を
グウィンプレンだと思い、キューと絞り出すような声で「グウィンプレン」と言うウルシュス。
フェドロが置いたグウィンプレンの上着を抱き締める姿が辛い…

もう一座を畳むと言うウルシュス、でも何も知らないデアが「もう時間よね」とやって来ると
みんなを急きたて芝居を始める準備を始める。
でもグウィンプレンはいないので、どうしようと焦るとメガホンを渡されてグウィンプレンの
振りをするウルシュス。グウィンプレンがやって来た振りでダンダンダンと足音させるのが
可愛いと思ってしまう。グウィンプレンの台詞の部分もちゃんと口動かしてるのも楽しい。

グウィンプレンがやりたくないと言い、騒ぐ客達(振り)にウルシュスも腹を立て、もう止めだと
言って、みんな必死でグウィンプレンがいないのを誤魔化そうとするけれど、不在を悟るデア。
失意に暮れて倒れそうなデアを支え、やがて眠ってしまったデアに膝を貸すウルシュス。

「デアは1日しか咲かない繊細な花だ」とウルシュス。1日咲いたら枯れてしまう、それだけ儚い
命だって言いたいのだと思うけど、何だか引っ掛かる台詞。デア、まだ生きてるし…。
「デアが死んだらどうしよう…」とクーーッとなるウルシュス。そっとデアに触れる手が優しい。

デアがグウィンプレンが死んでしまったとどうしてわかったのか疑問…と前に書いたけど、目を
覚ましたデアにグウィンプレンは?と聞かれて、ウルシュスは答えられずに額を合わせるから、
悟ったのか…と最後になって思いました。

グウィンプレンとずっと一緒にいると約束したのに…と嘆き、興奮するデアに落ち着きなさいと
ウルシュス、「木に宿る天使」を歌い出すと、突然聞こえて来たグウィンプレンの声に目を見張り
驚愕の表情のウルシュス。
グウィンプレンが生きていたとわかり、再会できて良かった…と笑い泣きのウルシュス。
でも再会の喜びもつかの間、デアはグウィンプレンの腕に抱かれて逝ってしまう。
その膝に手を掛けてベンチに顔を伏せるウルシュス…。

ウルシュスは初日は凄い泣いてた(オペラ無しで観てたからよくわからないが)けど、亡くなった
デアをグウィンプレンが抱き上げて立ち上がるところまではあまり泣いてないかな…。
前楽は後方センターだったので、ウルシュスは背中向けてるから顔は全然見えず、前方下手寄り
からなら、もう少し見えるかと思ったけど、横顔でかろうじて…。ちらっと見えた程度でした。
グウィンプレンが笑顔向けるから、ウルシュスも涙笑顔で送り出してるよう。

最後、デアのショールを赤ちゃんを抱くように持ってるのが辛いわ。振り返ったウルシュス、
2人が行ってしまった空を見上げるように目を眇め悲しみを堪えているようでした。

カーテンコール。ヨロヨロの足取りで登場の山口さん、前へ出てきながら客席2階やあちこちに
視線を飛ばしてましたが、表情はまだ硬い。お辞儀は膝に手をやって深々と長く。
グウィンプレンの浦井君、走って来るリトルグウィンプレンの大前君を抱き上げて1回転。
2人を前に迎えた頃、やっと山口さんの表情も少し緩んでたかな?

東京千秋楽と言うことで、浦井君からご挨拶がありました。
「ミュージカル『笑う男』東京千秋楽にお越しいただき、誠にありがとうございました!楽しんで
いただけたでしょうか?」と。
韓国で始まった「笑う男」日本版として演出家の上田さんの下、みんなで創り上げてきました。
このメンバーでなければ、出来ないと思っています。
この後、バラシがあるので早く終わるように言われてるけど、「みんな帰しませんよ!」と。

で、ひとりでもご挨拶を…と言って、「まぁちゃん」と朝夏さんを指名する浦井君。
朝夏さん予想してなかったようで「えっ!?えーー?私??」とびっくりして戸惑ってましたが
みなさんに感謝の気持ちでいっぱいです…ってご挨拶をとても早口でしてました。

最後に浦井君、この後各地ありますので、平成から令和に…。令和最初のご観劇をしていただけ
れば幸いですと、締めのご挨拶でした。

オケの演奏の中、捌けて行くキャストの方々、山口さんもにこやかに、そしてペコペコと。
ジョシアナとフェドロは腕を組んで捌け。ジョシアナが腕を差し出し、フェドロがエスコート
されて行ったような…。目の端で見てたので、よくわからなかったけど。
下手側はリトルグウィンプレンを真ん中にデアとグウィンプレン。

オマケカテコは演出家の上田さんを連れて登場の浦井君。上手側に手招きしてこちらからも
キャスト登場。みんなで手繋ぎ。
捌ける時は山口さんはひとりで、袖入り口でペコペコ。ジョシアナとフェドロの腕組はお決まり。

もう1回も全員でのカテコだったか?グウィンプレン達3人だけだったかな?記憶が
山口さんが捌け口を間違えそうになったことがあったから、もう1回全員→3人だったかも?

28日ソワレの前楽はカーテンコールだけでごめんなさい。

28日ソワレ デア:夢咲ねね リトルグウィンプレン:下之園嵐史
29日マチネ デア:衛藤美彩 リトルグウィンプレン:大前優樹

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • reve

    こんばんは。ご無沙汰しています。原作は読んでいないので、私もつかめていないところがあるのですが、裏切りは、ジョシアナの知らないうちにグウィンプレンがクランチャリー卿の嫡男であると女王に報告し、正式な後継者として迎えた点ではないでしょうか。ジョシアナは運命の人だととうとう笑う男を手に入れた気でいたのに、夫と決められてしまえば簡単に手に入る人になり、もはや刺激を得られなくなったのですから。フェドロはとにかくデヴィッドとジョシアナの結婚を阻止したかったので本当のご主人を探し、それが皮肉なことにグウィンプレンだったということなのでしょうが、彼はこれを利用して生まれながらにしてすべてを手にしているジョシアナにも一泡吹かせてやったということかと思います。
    フェドロはなぜ瓶の開封官を希望したのでしょうね。ハーカーの手紙の存在を知っていたのでしょうか。2幕はじめ、フェドロが張り合っている相手は誰?何を張り合っているのでしょう?
    2019年05月24日 01:42

この記事へのトラックバック