オーストリア共和国有功栄誉金章

小池修一郎さん&山口祐一郎さん&一路真輝さん&花總まりさん&井上芳雄さん&小熊節子さん、
それぞれの芸術活動を讃えオーストリア政府より「オーストリア共和国有功栄誉金章」を授与
されたそうで、オーストリア大使館にて勲章をいただいての記念写真が東宝ツイッターに掲載
されています。こちら

一路さんや花總さんはブログにも授与式のことを書いてらして、写真もありますので、ご覧に
なってみてください。花總さんのインスタグラムには山口さんとの2ショット写真も。

ウィーンミュージカルが日本での成功により、オーストリアの歴史、文化をより広めた功績と
言うのが授与の理由のようですが、ウィーンミュージカルと言えば「エリザベート」、そして
このメンバー、一路さんと花總さんは宝塚版の、山口さん、一路さん、井上君は東宝版での、
「エリザベート」初演キャスト。

東宝版が新演出になってからの情報には疎いので、現在通算何公演になるのか知りませんが
一路さんは600回超をおひとりでシシィを演じていたし、トートはダブルやトリプルキャスト
でしたが、山口さんは初演から2012年まで8シーズン続けてられたから、最多なのでは?
なので一路さんと山口さんはシシィ代表、トート代表だろうと勝手に思ってます。
花總さんは宝塚版と東宝版でシシィを、井上君はルドルフからトートへと変わり…でみなさま
受賞に納得ですね。

それに山口さんは日本で上演されたウィーンミュージカル、全てに出演されてますからね。
一番の功労者ではないかと思うから、この度の受賞はファンとしても嬉しく、誇らしいです。

このニュースを知った昨日、6月10日は私が山口さんファンになった記念日でした。
2000年の「エリザベート」初演でトート閣下の山口さんを観たのがきっかけ。初めて観た
19年前のこの日、いきなりトート閣下に落ちたのか…と言うと、実はそこまでではなかったけど
幕間にパンフレットを買い、この後ダブルキャストだった内野さんのトートも観た時にはCDを
購入。そして再び山口トートを観てファン決定!って感じ。

「エリザベート」が始まって間がない時に観たのが運のつきって気がしなくもないけど、あの日の
トート閣下との出会いがなかったら、その後の私の人生はだいぶ違っていただろうと思うので
そんな記念日に「エリザベート」縁のニュースは、受賞した方々と同じくらい感慨深いものが
ありました。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック