台風一過

各地に大雨を降らせた台風19号、本日未明には太平洋へと抜け、午後には温帯低気圧となる
見込みで、台風一過の関東の空は秋晴れの清々しささえ感じます。

しかし、昨日の午後7時頃に静岡県の伊豆半島に上陸した台風は、予想より西寄りの進路で
神奈川・東京・埼玉・茨城・福島と東日本を北上して行き、前日から24時間以上の雨を
もたらしました。

一時は13都県に大雨特別警報が出されていて、各地で河川が危険水域を越えたとか、すでに
氾濫が起こっているとか、テレビを見ていてもしょっちゅう、ニュース速報やら警報・注意報で
チャイムが鳴るからその度、ドキッとしてました。

進路が西寄りになったため、千葉県には大雨特別警報は出ることがなく、先月の15号で大きな
被害を受けた後なのに、更なる被害が…と懸念していたようなことにならなくて済んだよう。
でも、昨日の朝には市原市で竜巻による被害があったし、県内ほとんどの地域で停電があり、
夜7時頃から11時過ぎくらいまでは雨風激しくなって、時には家が揺れるほどの風も吹き、
また先月のようなことになるのでは…と、昨日は不安で長い1日でした。

金曜日、今度こそ屋根が飛ぶかも…と悲壮な顔をして帰って行った市原在住の同僚からも
とりあえず無事でした!と今朝、連絡が来て一安心。
昨日は一家で避難所に行ってたそうで、屋根が飛ぶかもと心配して家に居るよりは、安全な
場所で過ごして良かったなと。でも、一時しのぎなら良いけど、避難生活が長期化すると
心身共に疲れ果ててしまいますよね

今回の19号は先月の15号と比べると、大人と子供ほどの違いがあり、15号の強風域が
19号の暴風域にすっぽり入ってしまうくらいの大きさ。
大きく広がった雨雲は大量の雨を長時間降らせて、各地で河川の氾濫がありました。
特に千曲川は堤防が決壊して長野市の広範囲が浸水してしまった映像には言葉も出ない…。
新幹線の車両センターも水没して、北陸新幹線の車両もすっかり水に浸かってしまってて
多分、もう使えないのでは…。

水害は電気機器や家財がダメになってしまうし、家だってそのまま住むのは難しくなるし
復旧にも長い時間が掛かって、大変なのに。

地震、台風、噴火、毎年何処かで大きな災害が起きている日本列島。自然災害は仕方ないと
なかば諦めるしかないところもありますが、これ以上の被害、もう起きてくれるな…と
その度に思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント