「ダンス オブ ヴァンパイア」パンフレット

11月の帝劇公演と12月からの全国公演でパンフレットの写真が変わってました。

一番大きく変わったのは、帝劇版は稽古場の写真が4ページだったのが、全国公演版では
舞台写真が10ページになったこと。

舞台写真、時系列に関係なくバラバラに写真が散りばめられてる感じになってて、最初に1幕
フィナーレの伯爵がいて、違うシーンの教授が対立するようにいて、ヴァンパイア達が踊って
歌ってるのはいいとして、次のページで墓場の伯爵と舞踏会のサラの写真が並んで、その下に
宿屋の翌朝の教授とアルフレートがいて、混乱来たす…みたいな。

伯爵の写真はその最初の1幕フィナーレのが大きめで、同じシーンの別の写真がもう1カット
教授が名刺を差し出してるところ、アルフレートとスポンジ挟んで向き合ってるところ。
「愛のデュエット」でサラと、「抑えがたい欲望」で墓石に手を置いてるところの写真。
後、舞踏会でサラ吸血後の後ろ姿と、カーテンコールで赤いハンカチ振ってる全体写真。

スタッフ&キャストの一覧ページ、ミュージカルナンバーや歌詞のページも写真が今回の
舞台写真に変わってました。
アンサンブルの紹介ページの余白に使われてる写真は変わってないけれど、ダンサーの
紹介ページは横山さんの顔写真もちゃんと入って、写真配列変わって1ページ増えてます。
で、その余白の写真は今回のステージ写真かな?

後、裏表紙内側が伯爵の後ろ姿なのは同じですが、「神は死んだ」の時の写真から、1幕の
ラスト、去って行く時の右手を上げた写真に変わってます。

帝劇版には劇場名が入ってますが、全国公演版は劇場名はなし。内表紙に各地での公演日程が
書かれています。以前は各地の劇場名が入ったものもあったけど、最近は劇場名入ってない
ないのが多いのかしら?あまり見比べてみたことなかったので、わかりませんが。

パンフレットは2種類ですが、私の元にはもう1冊のパンフレットが…。
帝劇版なんですが、スペシャルパンフレットで、伯爵とサラのサイン入り!
帝劇で観た貸切公演の某日にプレゼント抽選で当たりました

貸切公演のパンフレットプレゼントはだいたい10名。これまでかなりの回数の貸切公演に
行きましたが、同じ列でも番号違ってたり、2列前だったり、今年の「レベッカ」の時は
斜め前の人だったり…とニアピンもあれば、全然ハスレてることがほとんどでした。

で、初めてのプレゼント当選。正確に言うと、隣の友人の席だったのですが、私が2枚で
取ったチケットだったし、当日行く前にそのチケットを巡って友人とちょっとした騒動が
ありまして、そのお代として私がいただきました

サインはキャスト紹介の伯爵ページにされてますが、黒っぽい写真の上に黒マジックで…
なので、ちょっとわかり難いのですが、楽しかった帝国劇城の思い出と共に家宝にします

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント