「ダンス オブ ヴァンパイア」梅田芸術劇場千秋楽カーテンコール

「ダンス オブ ヴァンパイア」無事に大千秋楽、終了しました。千秋楽はアドリブもたくさんで
終わってしまう名残惜しさと笑いと感動と、いろいろな感情が入り乱れましたが、とにかく
楽しかった!そして終わってしまった脱力感も半端ないです。

4日間の遠征中、即日レポ頑張りましたが、さすがに疲れちゃったので、千秋楽のレポは
無理でした。でも盛り沢山あったこと、忘れない内にレポしたいと思ってます。
とりあえず先にカーテンコールのことだけ。

順番に登場するキャストのみなさんにいつも以上の大きな拍手。最後に登場の伯爵には一段
と大きな拍手でした。

オーケストラに拍手して、「ありがとうございます。ありがとうございます」と伯爵役の
山口さんのご挨拶。「本日は梅田芸術劇場お正月公演、東宝ミュージカル『ダンス オブ
ヴァンパイア』の千秋楽にこのように多数のご来場賜り、誠にありがとうございました」
しばらく続いた拍手を、胸の前で丸く両手で包み込むようにして静める山口さん、手は
そのままで、無事に千秋楽を迎えられたのも、ひとえにみなさまの温か~い(と手の中の物を
見詰めて)ご支援のお陰と、関係者一同心より御礼申し上げますと。
また起こる拍手も両手でふわっと受け止める仕草。

それではお待ちかね、梅田芸術劇場最後の…(ここで例の音)で、“ディナーの時間だ”のポーズ
かと思ったら上体前へ倒し両手を後ろ手に上げるポーズ(「夜を感じろ」で最後の方にやるポーズ)
「さぁ諸君、舞踏会の時間だぁ~」とクコールへ。クコールも同じポーズして、肩が…って。

ヘルベルトのダンス指導。「こんばんは」の挨拶も、振り付けの最後の指を左右に振る時の
「ちょんちょんちょん」の客席の声も最初から大きくて、さすが千秋楽。
一度やって、もっと全力でやろうかと言うヘルベルトに、横で踊るクコール、大きな動きで
激しく踊るのでヘルベルトに「激しい」と言われてました。

曲に行く前、クコールの掛け声「ラストダンス、踊りますか?」「再演して欲しいか?」で
客席も「いぇーーーい!」でした。

幕が下り、EXIT曲も大きな手拍子で。もう一度幕が上がると、後列のアンサンブルやダンサーが
順繰り前へと出てお辞儀。
幕が下りていつもならアルフレートの終了アナウンスが流れるけれど、流れずにまたすぐ幕が
再びオマケカテコがありました。
山口さんがまた後ろへ行きかけて、前後入れ替わるのか?と前へ出ようとした人もいて、少し
混乱してましたが、通常に並んでお辞儀。

そして幕が下りて、アルフレートの終了アナウンスが流れましたが、拍手が続いてステージに
ライトがついたら、ひとりでセンターに立つ伯爵の姿があって大歓声でした。
幕が上がって、拍手と歓声を受けながらにこやかな表情で立つ山口さんに、こちらも感無量。
そして左右に合図すると、他のキャストの方々も登場。
手を繋いでお辞儀をする時、並んでる方々が頭を下げても山口さんは顔を上げたままでしばらく
客席をじっくりと見渡して、ゆっくりと頭を下げていました。

カーテンコールで、ステージにひとりで立つ山口さんの姿って、これまでも多分見たことが
ほとんどなかったと思うので、もうそれだけでも感動でした。
でもしんみりとしてると言うより、にこやかに楽しく終わった大千秋楽でした。

クコールが梅田では何度も再演希望と言ってたので、きっと再演はあるだろうと信じて…
また伯爵と会える日があればいいなと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント