「ダンス オブ ヴァンパイア」 2020.1.20 マチネ 梅田芸術劇城

11月帝国劇城から始まった「ダンス オブ ヴァンパイア」もとうとう大千秋楽。
快晴ではないけれど、雨の心配はない梅田の空。友人達と観劇の思い出など話しながら食事を
してから劇場へと向かいました。4日間、お昼ご一緒した面子が毎回違ってたなぁ。

見納めとなる本日の席は2階の最前列。2階は通路使用の時は疎外感あるし、最後の舞踏会で
立てないのは残念だけど、視界遮るものなく、しかも正面からでストレスフリーだったので
たっぷりと好きなように観ることが出来て、良かったです。

今回、重要アイテム(?)となった教授の傘。3種類あるのかな?鞄に装着してる傘は多分、
以前から付いてた傘で、柄が日傘っぽい。いつも持ち歩いてて、舞踏会前ヴァンパイア達から
隠れるのに使う普通の傘。そしてヘルベルトを撃退する十字架になる傘。これは初日に観た時
大ウケして、わかりやすくてナイスだと思いました。

宿屋の「ガーリック」上から観ると思ってたほどキチキチではないなと思ったけれど、帝劇と
比べるとやはり狭くてちょっと踊り難そう。

宿屋の最高級スイートルームはベッドは乱れ、敷物も埃だらけでネズミも出現で長い間、宿泊
した人はいない感じ。敷物の埃、初日は盛大に舞い上がってたけど、だんだん少なくなってた
ような?ネズミには東・アルフレートが大きなリアクションするので、教授も楽しそうに
いじってた感じ。

バスルーム、シャガールに「出なさい」と言われて、サラは結構勢いよく立ち上がるので胸元
見えることもありましたが、泡風の衣装(?)。桜井・サラはバスタオルの巻き位置のせいか
合わせの隙間から太腿の際どいところまで見えちゃってたので、こっちがドキドキでした。

「すべて順調」。シャガールに色っぽいポーズをするマグダに気付いたレベッカが、2人の
間に割って入って同じようにポーズするの見ると、レベッカは文句言いつつもシャガールの
こと愛してて、だからシャガールが死んでしまって嘆き、自分からヴァンパイアになりに
行ったのね…と。いや、自分からってのはお話にはないけれど、フィナーレでレベッカも
ヴァンパイアになってるから。

「人類の為に」。教授の♪め~~~~~ 超音波は最後に景気よくとても長くて途中から拍手。
ショーガール達にレベッカ「あんた達なに者?」「妖精さん?」。雪の妖精かな…

クコールのおつかい。赤いブーツを持ってくるクコールの姿も2階からだとステージに上がる
前後くらいしか見えませんが、持ってきたブーツをサラに見えるように掲げて置いた辺りの
音楽でうわぁ~となって鳥肌が立つのは何処で観ても同じでした。

幻想の舞踏会。今季も本当に大好きなシーンでした。ダンスはやはり正面から観るのが良いと
思うけど、このシーンは近くで観る方がより迫力感じられて好き。
最後にサラをリフトする人が格好良いし、リフト自体も凄い!と毎回思ってました。

マグダ吸血後、漲る力!今宵は寝かさないぞとマグダを見て、血だらけになってるのに気付き
「誰かお医者様はいらっしゃらないでしょうか?お医者様は…」で「 俺だ…」。
サラを助けに行ってヴァンパイアに襲われて、血吸われたんだ。マグダ本当にすまない。
ピコピコの音に、焦る~と言いつつ、布を掛けた後、また「サラを助けに行かなくちゃ…」と
行きかけたところでドアが開く気配にテーブルの下へ隠れ。
入って来た教授の凍えっぷりが激しく、台詞も歯の根が合わなくてガチガチ。
アルフレートに杭を打つ場所の再確認は、千秋楽仕様かな。

シャガールの案内でお城に向かう一行が通路を使ってる間も2階席は待ちぼうけ。お城に到着
した時に、2階にもヴァンパイアは出現。梅芸は3階もあるけど、3階はどうだったのか?

「夜を感じろ」。人数多いダンスは2階からだとフォーメーションもよくわかって良いけれど
目が幾つあっても足りないと思うのが辛い。あちらもこちらも観たいけれど、メインの3人に
どうしても目が行ってしまいます。

お城の朝。朝食を用意したのにアルフレートに驚かれて、クコールはアルフレートにスープ
掛け、自分もポット逆さまにしてスープ被って「熱ーい」って。
教授もコーヒー飲んで「熱っ」と言ってました。熱々の朝食サーブだったのね。

霊廟探索。探索途中、教授が被ってしまうクモの巣が鏡の横に掛かってるのに気づいたのは
梅田に来てからだったかな?前にも見てたような気はするけど、意識してなかったので。

柵に跨がった教授が動けなくなったのを見て、上手袖に消えちゃうアルフレート。呼び戻され
「ちょっと手を貸してくれないかな?」で「えーーッ」と聞こえない振り。
手を貸す…、右手ですか?左手ですか?ちょっとと言うのはこれくらいですか(指先だけ)?
その指を貸したら僕の手はどうなるんですか?…などと早口でよく喋るアルフレート。
面白いからもう少し見てよと言う教授でしたが、その体勢で物を頼むのは恥ずかしくないですか
と言うアルフレートを遮るように、「こうなったらひとりでやれ」と。
棺開けるのを右手でも左手でもどちらでもいいと教授に言われて、指先だけで開けてたよう。
見えませんでしたが、教授がそう言ってたので。
「でも出来ない!」で八つ当たりして足をぶとうとしたのに、教授が足上げたので空振り。
戻る前、靴下を上げるアルフレート。
戻って来て「助けてくださいって言ってください」とアルフレートが言うと、自力で戻る教授。
教授の方がさすがにまだまだ上手ですね。
でも、自分で戻れるのに戻らなかったのは、怖かったからですか?とアルフレートも。

2人が去って棺桶から出てきたシャガール「盛り上がりすぎ!」。伯爵の棺を覗きこんで、
「紫のスケスケ着てる。あんなん欲しいなぁ。セクシー」って。伯爵いろいろなお寝間を
お持ちのようです。スケスケは紫の他にピンクと赤があったかな。

図書室、後退ってくるアルフレート、いつもなら教授にぶつかるのだけど、教授が避けたので
ずずっといつもより後退ってました。

ヘルベルトのバスルーム。「思うんだ」は足をガッと開き低音で男らしいヘルベルト。
♪パラダイスさ~ の後、「ついて来ないで」と言いながらひとりで逃げるヘルベルト、そして
「それッ」と水掛けて、「もっとちょうだい」と仁王立ちしてお湯を掛けてもらい「思い出に
なりました」と。
逃げ出したアルフレート「ついて来ないでってついていってないから」「拍手のクセ!」とか。
また横通路行き過ぎちゃったみたいで「行き過ぎた」って聞こえました。
教授に傘十字架を向けられて「それだけは…」と苦しむヘルベルトでしたが、最後に「好き!」
とアルフレートにアピール。アルフレートは指十字でお断りしてました。
本当にヘトヘトなアルフレートでした。

伯爵のこと。
「神は死んだ」。2階からだとステージに上がる直前の姿しか見えませんが、それも黒い影で
しかわかりませんでした。
前半は密やかに、そして気だるげな雰囲気で歌う伯爵、今季囁きボイスが空気多過ぎ…って風に
感じることもありましたが、♪私は祈り~ からのよく響く歌声には聴き惚れました。

お帰り。階段を下りながらどちらに行くか視線を動かしてる伯爵、サイドの方に向かって指を
伸ばしたところまでは見えたのですが、何をしたかはよくわからなかったので、後で聞いたら、
2列目の人に指を伸ばしたら、その方も指を出したので、指先合わせ“E.T.”だったそう。

「お前を招待しよう」。宿屋が割れて正面に立つ伯爵の姿が格好よくて、もうそこからうっとり。
そんな登場の仕方でも♪ご機嫌よう と礼儀正しい伯爵。♪怖くはない って怖いと思うけど。
歌いながら時折サラに向かって見せる笑顔が素敵。伯爵ばかり見てしまうので、離れてる時の
サラの表情って見たことないけれど、どの辺りからサラもうっとりしてるのかな?
元のように壁が閉まる時、最後の最後にマントを翻してるのが、ほんのちょっとしか、しかも
正面からしか見えないのは残念。

1幕フィナーレ。♪ようこそ からしばらくは無表情な伯爵が、教授に挨拶した後から、表情
豊かになるのが面白い。本当に♪こんな出会いを待ち続けた のね。
名前を聞かれて名刺を差し出す教授、腕からプルプルでいつも以上に激しく上下する名刺を
掴めなくて、最大にイラッとしてる感じの伯爵。でも、その後はご機嫌さん。
息子とは肩(二の腕)をぶつけ合いからの、横向き体勢でお尻も合わせて楽しそう。
♪さよなら~ でアルフレートの胸から腿へと本で撫で下ろし。その後、移動の時はちょっと
手をひらひらさせてましたが、帝劇の前半ほどの動きではなく…。段々動きも変化してる。
お尻に頭突きしてきたクコールに「クコール」や「ムシュニギ」と言う口調が、凄く柔らか
だった本日。今季はクコールに優しい伯爵だったな…と。
「何も出来ません」がおどろおどろしくなったのは帝劇の最後辺りからだったか。教授が
のけ反り、クコールやアルフレートも同じようになってて面白かったです。

スポンジでアルフレートを呼び止め、向かい合って歌ってる時、スポンジでアルフレートの鼻の
下を拭く伯爵。今季はアルフレートの顔を触る仕草が少なかったですよね。
胸元にはよく手を置いてましたが。
♪奇跡を起こそう~~ のロングトーンは空間に吸い込まれて行くように綺麗な伸び。
♪断ち切れ で手を開いて断ち切る仕草。♪その手で~~~~ は力強く響いて、歌いきった
伯爵に拍手喝采でした。
去って行く後ろ姿も格好いい伯爵でした。後ろ姿であんなに魅せられるのが凄い!

「愛のデュエット」。最後にやっと伯爵登場を確認。後方階段を上がって来てました。
今回新しくなったセットで、螺旋階段がなくなったのはやっぱり残念。伯爵の移動が少なく
なって歌に集中できるのはいいかもしれませんが…。
2階からだとセットの上の伯爵が視線同じくらいなのは良かったです。サラを見る優しい笑顔も
よく見えました。
♪いけない と歌う前、後ろ向いての立ち姿も好きだけど、上手からだと顔がほぼ見えないのが
残念でした。

城の最上階。突然浮かびあがる伯爵の姿と途中から姿は見えなくなるのに、声があちこちから
襲うような演出は面白かったです。伯爵ファンとしては、最後まで姿も見せて欲しかったと
言う気もしますけれど。

「抑えがたい欲望」。客席通路を去って行くヴァンパイア達の姿は見えないから、奥から出て
お墓の側にスタンバイする伯爵から見てました。暗くてはっきりは見えませんでしたが。
静まり返った墓場に佇む伯爵、ふと何かに気付いた表情から、苦悩した過去物語を始める。
それでも昔、愛した人たちを思い出す伯爵の表情は優しげで、でも段々と虚しさを重ねて
淋しそうな感じから、それを吹っ切るように欲望こそが…と高らかに歌い上げる。
影伯爵の動きと相まって、伯爵の揺れ動く感情に胸が痛くなりながら、どこか爽快感も。
歌い終わって、目を瞑って拍手を浴びてる伯爵の姿にまた感動でした。
マントを翻し、去って行く伯爵の後ろ姿も淋しそうに思えたり、颯爽としてたりと見えるのは
観てるこちらの感情かもしれませんが。

舞踏会。両手を上げてゆらゆらしてる伯爵、ついその姿を見ちゃうけど、階段に伸びる影が
両手が異常に長くて人でない者感が凄い。墓場の時とは一転した表情も凄い。
♪のだ~~~~~ で段々と寄り目になっていっても、麗しさが損なわれないのがまた凄い。
舞踏会の伯爵は好き過ぎて、凄いとか好きとか格好イイとか、いつも以上に語彙が貧困だわ。
サラ吸血後、見守る表情や、サラをダンスに誘う時の笑顔がまた最高で…。

ディナーの時間。パパの真似をする息子が可愛すぎて、良い息子に育ったな…と。

カーテンコール。全員が揃い、オーケストラに拍手した後、伯爵の山口さんから千秋楽の
ご挨拶がありました。
本日は梅田芸術劇場お正月公演、東宝ミュージカル『ダンス オブ ヴァンパイア』の千秋楽に
このように多数のご来場賜り、誠にありがとうございましたと。拍手を胸の前で丸く両手で
包み込むようにして、手はそのまま、無事に千秋楽を迎えられたのも、ひとえにみなさまの
温か~い(と手の中の物を見詰めて)ご支援のお陰と、関係者一同心より御礼申し上げますと。
また起こる拍手も両手でふわっと受け止める仕草。

それではお待ちかね、梅田芸術劇場最後の…(ここで例の音)で、“ディナーの時間だ”のポーズ
かと思ったら上体前へ倒し両手を後ろ手に上げるポーズ(「夜を感じろ」で最後の方にやるポーズ)
「さぁ諸君、舞踏会の時間だぁ~」とクコールへ。クコールも同じポーズして、肩が…って。

ヘルベルトのダンス指導。毎回、ヘルベルトのご挨拶も振付指導も楽しかった。
本日は二度目の前に「もっと全力でやろうか」ヘルベルトが言ったので、横で踊るクコール、
大きな動きで激しく踊るのでヘルベルトに「激しい」と言われてたのも面白かったです。

曲に行く前、クコールの掛け声「ラストダンス、踊りますか?」「再演して欲しいか?」で
客席も「いえーーぃ!」でした。そして大いに盛り上がったラストのダンスパーティー。

EXIT曲後。通常のオマケカテコでアンサンブルと前後入れ替わりのお辞儀でした。一旦幕が
下りた後、またすぐ幕が上がって再びオマケカテコは、通常に並んでのお辞儀。
そして幕が下りて、アルフレートの終了アナウンスが流れましたが、拍手が続いてステージに
ライトがついたら、ひとりでセンターに立つ伯爵の姿があって大歓声でした。
幕が上がって、拍手と歓声を受けながらにこやかな表情で立つ山口さん。左右に合図すると、
他のキャストの方々も登場。
手を繋いでお辞儀をする時、並んでる方々が頭を下げても山口さんは顔を上げたままでしばらく
客席をじっくりと見渡して、ゆっくりと頭を下げていました。

ステージにひとりで立つ伯爵の姿が見えた時の感動は、とても言葉で表せないくらい。長い間、
いろいろなシーンでの感動がありましたが、本日のことはずっとずっと心に残ると思います。
そして、またこれ以上の感動を味わえる日があればいいな…と思いました。

クコール劇場。下手袖にモップを手に登場のクコール、厳粛な雰囲気で一礼、オケに合図をして、
「蛍の光」が流れる中、粛々と最後の雪掃除。演奏してないオケの方が振る赤いハンカチが
チラチラ見えてました。梅芸は2階からでもあまりオケピが見えなかった。
お掃除終わり「クコール劇場大千秋楽 ありがとう」のプラカード持って、各方向にお辞儀を
するクコール。“大”が付け足しだったから、各地で使い回したのね。
裏返すと「再演希望 」で、客席からは大拍手!本当に再演希望!!

サラ:神田沙也加
アルフレート:東啓介
ヴァンパイア・ダンサー:森山開次

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント