観劇感激ダイアリー

アクセスカウンタ

zoom RSS 「定年女子」第6回目の丈太郎さん

<<   作成日時 : 2017/08/21 07:09   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 3

仕事を辞め、麻子の働くハローワークに失業保険の申請をしに来た丈太郎、まだ研修中の麻子は
先輩職員と共に丈太郎の対応をするも、再就職をする気はないけど、保険金は欲しいと言う
丈太郎に、そう言う人には保険はおりません!と。

4週間後、再びハローワーク。一応、就職希望先を出す丈太郎に、これでは希望年収が高すぎる、
仕事を辞めたあなたはただの人…と、以前自分も言われた台詞を言う麻子。
求人情報を見る麻子に構わず、丈太郎は自分のルーツ探しをしてるんですなどと話し掛けてると、
ここはそんな四方山話をするところではないと麻子はイラつき気味。
「四方山」が「よもにゃま…?」と言えない麻子に「それって、よ・も・や・ま話!?」と丈太郎。
たまにはお茶でもしませんか?と誘ったり、ホント、暇つぶしにハローワークに来てるよう

時子のお店で麻子が友人らと会ってるところへやって来た溝口に戸惑いながらも紹介する麻子。
そしてそこに時子から店の案内をもらった丈太郎もやって来る。
丈太郎の手土産はスペインのお酒と“小鳩屋”のぷりん。
初対面の溝口の顔を見て、何処かで会ったよね?と「ファンファンファン〜」と記憶を辿り
「あの時の…」と何だか微妙な表情の丈太郎。

麻子に「年下の彼氏なんですって?」と聞き、だから自分に20以上の年上の女と付き合えるか
どうかと聞いたんですねと言う丈太郎に「彼とはまだそう言う関係じゃありません」と麻子。
「私のこと、あなたに関係ありませんよねぇ」とどうも麻子は丈太郎にケンカ腰。
のほほんとした感じの丈太郎が、麻子は嫌いなのかしら?

話しながら必死でワインの栓を抜いてる丈太郎が、ファン的には可愛かったですが

時子にルーツ探しの話をして、自分が鹿児島の島津家の末裔だとわかったんですよなどと言ってる
ところに溝口が水をもらいにやって来る。
「君、麻子さんの彼氏なんだって?」と言う丈太郎に、「残念ながら違います」と答える溝口。
まだ一方的な溝口の片思いだと知って、機嫌の良くなった丈太郎は隣の席を勧める。
年上が、ではなく深山さんが好きなんですと言う溝口に、でも男女には釣り合いが大事なんじゃ
ないの…なんて丈太郎が言うと、自分が深山さんのことを好きなのが面白くないんじゃないですかと
言われ、うろたえて椅子からずり落ちそうになる丈太郎でした。

お試し期間最後の日に断りの返事をしようとした麻子にキスをし、諦めませんからと言う溝口。
更に離婚した夫のことが許せないから、男と付き合えないのではないかと言われ、戸惑った
気持ちのまま、時子の店にやって来た麻子。そこには丈太郎も…

麻子から話を聞き、彼も自棄になったのだろう…男だからと言う丈太郎。時子は「良かった?」
なんて聞くものだから、「そうなんですか!?」と丈太郎が驚くと「女ですから…」と。
で、「僕たちの歳は…もやは生殖能力を失ってる訳で……」と際どい発言をする丈太郎。
そんな話で丈太郎と時子が笑い合っても、横で沈んだ顔の麻子は、溝口に夫に裏切られたから
男を受け入れられないじゃないかと言われたと。
麻子は夫に浮気をされたと聞いて、丈太郎も真顔に…。

麻子が暗いままで帰って行った後、「なるほどね…」とひとりごちる丈太郎。
麻子のことが少しはわかったような気がする、思い込んだらまっしぐらなところがあるから、
難しいのかもしれないなぁと言う丈太郎は、麻子のことをまんざらでもないと思ってるなら
何とかしてやって欲しいと言い、このままでは年下の男に取られちゃいますよとけしかけられ
「麻子さんには幸せになってもらいたいんですよ」と。そんな丈太郎に「へぇ」と言いながら
グラスを合わせる時子。

丈太郎、今までになくシリアスな雰囲気でしたが、「麻子さんには幸せになってもらいたい」って
ちょっと唐突な感じも…

麻子が帰宅すると子供を連れた娘が居て、夫が浮気をしていたと。そこへ夫の何もかもが我慢
出来ないと真紀が荷物を持ってやって来て、更に多江からは救いを求める電話が掛って来て、
2人が多江の家に駆けつけると、母親が暴れる部屋で放心した状態の多江の姿が…

そんな騒ぎも知らず、丈太郎は酔い覚まし(?)に両手を広げて後ろ歩き、空を見上げてひとり、
何かを想う…。

お話も後半に来て、ちょっといろいろなことがあり過ぎる…って気もしますが、後2回でどう
収拾つけるのでしょう?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
両手広げて 後ろ歩き 夜空見上げて 何想う?姿に なんだか 見ていて 切なく涙が出てしまいました。ピエロのよう…。 鹿児島 島津家の末裔…久光様でしたもんね。脚本家さんの 遊び心だったのでしょうが 鹿児島県民ファンとしては 嬉しいセリフでした。色々考えさせられる事も 多く 暗くなってしまうところ に 丈太郎さんの 出演シーンが たくさんあって 特に嬉しい回でした。祐一郎さんコミカルな演技が とてもお上手で 明るく楽しい気持ちになれるのが 嬉しいし 有り難いです。
なみき
2017/08/21 09:32
ごめんなさい。第7話迄 見て 更に脚本家さんのブログでの発言に ざわざわ…。
あの涙 泣きは 余計だったの?
なんか そういうの知ってしまうと しかも放送されて そんなに経ってない時に… 興ざめ 。芽衣さん 皆さまどう感じますか?
なみき
2017/08/21 22:09
>なみきさん
またまたコメント返しが遅くなってすみません。
丈太郎のルーツは島津家の末裔、久光だけでなく他の島津家の方を演じたことがありますしね。
ドラマでいろいろな表情をする山口さんを見れるのは楽しいですね。

第7回目の放送についての脚本家さんのブログ、自分が書いたものと放送されたものが違った印象になってしまったと愚痴る気持ちもわかると思いつつ、でも、放送を見ての感じ方は人それぞれだから、脚本家さんが意図してなかった演出でも、それに感動して観てた人もいたことを、もう少し考慮して書いても良かったのに…とも思いました。
ただ、丈太郎のシーンは、私は何でそこで丈太郎も泣くんだろう?と思ったので、脚本では違ったんだ…と納得しました。最後に2人で泣き笑いでプリンを食べる…くらいが良かったなと私個人の意見ですが。
芽衣
2017/08/28 00:32

コメントする help

ニックネーム
本 文


「定年女子」第6回目の丈太郎さん 観劇感激ダイアリー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる